しばた歯科医院

MENU

コラム

抜く必要がない親知らずとは

皆さんこんにちは。
山口市香山町のしばた歯科医院です。

当院の口腔外科では、親知らずの抜歯を頻繁に行っております。
親知らずはいくつかの理由から抜歯が第一選択となりやすい歯であるからです。
ただし、すべての親知らずに抜歯適応されるというわけではありません。

そこで今回は、抜く必要がない親知らずについてわかりやすく解説します。

正常にまっすぐ生えている

その他の永久歯と同様、正常にまっすぐ生えている親知らずは、基本的に抜く必要はありません。
親知らずに抜歯が適応されやすい理由としては、清掃性の低さが挙げられます。
斜めや半分埋まった状態の親知らずは、歯磨きしにくく、むし歯や歯周病のリスクが高いのです。
そのため、時間をかけて治療しても、すぐまた再発してしまう可能性が高いです。
それならば、いっそ抜歯をしてしまった方が予後も良くなります。
ですから、正常にまっすぐ生えているのであれば、無理して抜く必要もありません。

ブリッジの支台歯として活用できる

親知らずも立派な天然歯のひとつなので、将来的にブリッジの支台歯として活用できることがあります。
親知らずが重度のむし歯や歯周病にかかっていなければ、積極的に保存して、支台歯としての活用の道を残した方が賢明です。
その他、矯正治療や移植歯として活用法も存在しています。

完全に埋まっている親知らず

顎の骨の中に完全に埋まっていて、特別なトラブルを引き起こしていない、あるいは引き起こす可能性が低いのであれば、無理して抜歯する必要はありません
そのまま経過を見ていきましょう。仮にトラブルが生じてしまったら、抜歯を適応すれば良いのです。

まとめ

このように、親知らずはいつか必ず抜かなければならない、というものでもありません。
上述したようなケースなら、積極的に保存するよう努めましょう。
無理に抜こうとすると、かえってトラブルを引き起こしてしまうこともあります。
抜歯すべきかどうかは、個々人によって大きく異なるため、まずは精密に検査する必要があります。

前へ 一覧ページに戻る 次へ
pagetop
0839025605 WEB予約 instagram page top

0839025605

WEB予約

instagram