しばた歯科医院

MENU

インプラント

インプラントとは

インプラントとは

インプラントは、自分の歯と同じような機能を再現することが可能な義歯です。
失った歯の代わりとして用いる、入れ歯、ブリッジと並ぶ治療法のひとつです。
歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根を埋め込み、人工の歯を装着します。
顎に直接固定するため、ご自身の歯のように食事や会話を楽しむことができ、違和感なくご使用いただけます。
人工歯を埋め込むため、その後のメンテナンス、また定期検診が必要になってきます。
日常生活でのケアと、歯科医院ケアの両方をしっかり行うことで、長期的に使用していただけます。
手術に抵抗がない方、また入れ歯が合わないといったお悩みの方には適している、と言えるでしょう。

インプラントのメリットとは

インプラントのメリットは、大きく3つ挙げることができます。

  • 自分の歯のような噛み心地が再現できる
  • 審美性に優れている
  • (入れ歯と比較すると)メンテナンスがしやすい

さまざまなメリットがあるインプラントですが、インプラントを始める前には、歯周病やむし歯といった他の病気を治療することが必要不可欠です。
そのため、インプラント治療を通して歯のトータルケアができる、という側面も持っています。

当院ではインプラントのご相談から手術、またアフターケアまで一気通貫で行うことができます。
ご興味のある方はご相談いただければと思います。

インプラントのメリット

インプラントに使われるチタンは、アレルギーも少なく、かみ合わせに耐えられる強度があります。チタンと骨が結合するのでしっかりと固定することができ、治療後は違和感がないため、天然の歯と変わらないかみ合わせを実現できます。

また、残っている他の歯を削ったり、装置をつけたりすることもありません。他の歯に負担をかけずに治療ができるのです。

他の治療法との違い

インプラント

インプラント

治療法

歯が抜け落ちたところの歯槽骨にインプラントと呼ばれるチタン製の歯根に人工の歯を埋め込む治療法です。

メリット
  • 周りの歯への負担が少ない
  • 見た目は天然の歯と違和感がない
デメリット
  • 自由診療のため治療費が高額になる
  • 治療期間が長い
ブリッジ

ブリッジ

治療法

ブリッジとは、なくなった歯の両隣の歯を削って橋げたとし、そこに橋を渡すように人口の歯をかぶせる治療法です。

メリット
  • 保険適用で治療費を抑えられる
  • 天然の歯に近い使用感で、違和感が少ない
デメリット
  • 健康な歯を削る必要がある
  • 削った歯が虫歯や歯周病になるリスクが高まる
部分入れ歯

部分入れ歯

治療法

部分入れ歯とは、なくなった歯の隣の歯に金属などのばねをひっかけて固定する治療法です。

メリット
  • 保険適用で治療費が抑えられる
  • 条件が厳しくなく、多くの場合で治療が可能
デメリット
  • 固定のばねが目立ち、見た目が悪い
  • 装着に違和感があることが多い
総入れ歯

総入れ歯

治療法

総入れ歯とは、歯が一本も残っていない場合の治療法です。プラスチックの土台に人工歯が固定されており、それを歯茎に装着します。

メリット
  • 保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • 歯茎が痩せるため、数年ごとの作り替えが必要
  • 装着の違和感、話しにくさがあることが多い
pagetop
0839025605 WEB予約 instagram page top

0839025605

WEB予約

instagram