しばた歯科医院

MENU

小児歯科

当院の小児歯科について

当院の小児歯科について

お子さんにおける歯科治療で最も気を付けなければいけないのは、「むし歯」でしょう。
乳歯が生えそろい、食事やお菓子などあらゆる食べ物を口にし始める時期は同時にむし歯になりやすい時期でもあるからです。
その理由のひとつに、お子さんの歯が大人の歯よりも弱く、むし歯の進行がとても早いことが挙げられます。
そのため、「むし歯かな?」と異変を感じたら放っておかず、早めに治療するようにしましょう。

「乳歯はいずれ生え変わるから」とむし歯を放っておくと、永久歯がむし歯になったり、あるいはまっすぐ生えてこなかったりなど、将来的にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

当院では歯科医院への苦手意識を植え付けないように、治療を無理やり行うことはいたしません。
お子さんひとりひとりのペースに合わせて、治療を進めていきます。
また、診療室には親子で入れるだけのスペースがありますので、お子さんも安心して治療を受けていただけます。

お子さんのブラッシング、お気軽にご相談ください

学校の歯科検診でむし歯が見つかった・むし歯を繰り返してしまう
そんな場合、日常のブラッシングが不十分な場合があります。
大人に比べ、お子さんの場合、うまく歯が磨けないこともあります。
そこで、ご両親による仕上げ磨きをおすすめしております。

お子さん、また親御さんへのブラッシングのアドバイスも随時しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。

お子さんのむし歯予防のために

POINT01

歯磨き指導

お子さんが歯磨きを好きになるように、丁寧に指導いたします。
歯磨き、ブラッシング指導では、虫歯を防ぐために効果的なブラッシング法を楽しんで頂けるよう、歯科衛生士が丁寧に指導していきます。

POINT02

フッ素塗布

萌出したばかりの乳歯は、歯質がまだ脆弱なため歯の表面にフッ素を塗布します。そうすることで唾液中に含まれるミネラルを取り込みやすくし、再石灰化を促進することに繋がります。

POINT03

シーラント

虫歯になりやすい奥歯の溝の部分にプラスチックを流し込み、虫歯の予防をする処置のことです。歯を削らずに行うことができるため、痛みが少ないのが特徴です。

小児矯正について

プレオルソの矯正法を行っています

プレオルソの矯正法を行っています

当院では、小児矯正として、プレオルソの矯正治療を行っております。
プレオルソとは、お子さん専用のマウスピースを製作し、成長に合わせて顎を広げる方法です。
無理なく顎を広げていくことができ、永久歯の歯並びの改善効果が期待できます。
マウスピースをご自宅で装着していただく必要があるため、レクチャーやご両親のサポートも必要になります。
小学校入学前の5歳前後からスタートすることがほとんどです。
「歯並びが気になる」「お口が開きやすい」といった症状がある場合、一度ご相談ください。

pagetop
0839025605 WEB予約 instagram page top

0839025605

WEB予約

instagram