しばた歯科医院

MENU

コラム

口腔外科の顎関節症の治療

皆さんこんにちは。
しばた歯科医院です。

皆さんは、顎関節に異常を感じたことはありませんか?
口を開け閉めした際に、顎がカクカク鳴る、顎関節周囲の筋肉が痛い、口が開きにくい、などの症状が認められるのであれば、顎関節症が疑われます。

顎関節症とは?

顎関節症とは、顎の関節に過剰な負担がかかることによって、さまざまな症状が生じる病気です。
顎関節に雑音が生じるだけならそれほど深刻ではありませんが、重症化すると口が開かなくなったり、顎関節が変形したりするため要注意です。
そんな顎関節症は、口腔外科で治療することができます。

顎関節症の治療法

顎関節症の治療法は、症状によって変わってきます。
重症度の高い場合は外科手術が必要となりますが、軽度から中等度であれば、マウスピースによる治療が可能です。
あくまで、顎関節症による症状を緩和するための治療ですが、病気の重症化を防ぐことにも役立ちます。
具体的には、睡眠時にマウスピースを装着することで、顎関節への負担を軽減します。

生活習慣との関わりも深い顎関節症

顎関節症の原因は多岐に渡ります。
ストレスや外傷、それから生活習慣などが絡み合うことで発症する病気なので、どれかひとつを取り除けば完治するというものでもないのです。
そのため、自己判断するのではなく、まずは口腔外科までご相談ください。
適切な検査を実施した上で、原因となっている生活習慣などを洗い出します。
同時に、それらの改善法もご提案します。

治療が不要なケースもある?

顎関節症の重症度は人によって大きく異なります。
また、経過を見ていくだけで症状が改善するケースもあることから、必ず治療が必要となるわけではありません。
その点も診察によってしっかり見極める必要があります。

まとめ

このように、顎関節症は口腔外科のマウスピースによる治療で症状を緩和させることが可能です。
そんな顎関節症にお悩みの方は、お気軽に当院の口腔外科までご相談ください。

前へ 一覧ページに戻る 次へ
pagetop
0839025605 WEB予約 instagram page top

0839025605

WEB予約

instagram