しばた歯科医院

MENU

コラム

歯・顔面・顎の外傷は口腔外科へ

皆さんこんにちは。
しばた歯科医院です。

遊んでいて転んだり、スポーツなどで顔面に外傷を負ったりした際は、口腔外科までお越しください。
歯だけでなく、顎や顔面、口腔粘膜の外傷であれば、歯科医師が治療します。
とくに、口腔外科治療が得意な当院であれば、迅速に対応することができます。
今回は、歯の外傷の対処法についてわかりやすく解説します。

外傷で歯が抜けた場合

外傷によって歯が抜けた場合は、捨てずに歯科医院まで持参してください。
抜けた歯の状態によっては、元の位置にそのまま戻せることがあります。
その際、注意しなければならないのが抜けた歯の保管方法です。

抜けた歯の保管方法

抜けた歯には、歯根の部分に「歯根膜(しこんまく)」と呼ばれる生きた細胞が付着しています。
この細胞が死んでしまうと、歯を、元の位置に戻せなくなることから、適切な方法で保管する必要があります。
具体的には、牛乳に浸けて乾燥させないようにしましょう
抜けた歯を熱湯で洗ったり、ゴシゴシ磨いたりするのも厳禁です。
汚れがついていても、水道水で軽く洗い流す程度にとどめておいてください。
歯科を受診するタイミングは、早ければ早いほど、元に戻せる可能性も高まります。

歯根破折に要注意

歯に外傷を負ったものの、とくに異常が認められないケースでは、歯科を受診する必要性も低いように思えます。
ただ、歯に対して強い衝撃が加わったり、歯ぐきが腫れていたりする場合は、歯根破折の可能性もあります。
歯根の破折は肉眼では確認できないことから、レントゲン撮影が必須となります。
一見すると異常が認められない場合でも、精査すると深刻な異常が見つかることもありますのでご注意ください。

まとめ

このように、口腔外科では歯の破折や脱落を始めとした口腔周囲の外傷にも対応しております。
遊びやスポーツでケガをした際には、当院までご連絡ください。
口腔外科の治療が得意な院長が迅速に対応いたします。

前へ 一覧ページに戻る 次へ
pagetop
0839025605 WEB予約 instagram page top

0839025605

WEB予約

instagram