しばた歯科医院

MENU

コラム

骨が少ない方でも諦めないで!インプラント手術は受けられます

これまで、入れ歯やブリッジで歯を補っていた方や、事故や怪我、病気で失った歯を補い、長く保たせたいためにインプラントを検討している方は多くおられます。しかし、「誰でも受けられるものだ」というイメージがある中で手術を断られてしまった経験はありませんか?今回は、骨が少ない方でも受けられる治療法について解説します。

骨が少ないと手術を受けられない?

インプラント手術は、「インプラント体」を骨に埋め込む手術です。インプラント手術が断られてしまう方の多くは骨が足りないため、インプラント体そのものが抜け落ちてしまう可能性があることから断られるケースがあります。せっかく時間と費用をかけて手術をしても、抜け落ちてしまっては全く意味がないため、事前検査の段階で判断をすることになります。

また、骨が少ないことでインプラント手術を断られてしまうもう一つの理由として、骨が少ない状態で手術を行うことのリスクや高度な技術が求められるということがあります。少ない骨を増やす方法やインプラント体を扱ったことがあるかどうかなど、ハイレベルなことが要求されます。そのため、骨が少ない状態での手術が断られてしまうのです。

骨造成によって骨を増やす

骨が少ないためにインプラントを受けられない方は、「骨造成」によって骨を増やすという方法があります。「骨造成」とは、患者さんの顎の骨が少ないところに人工骨や自分の骨を足して骨を増やすことです。骨造成の方法やメリットなどについて解説します。

GBR法

GBR法は、骨造成で最も一般的なものです。患者さんの口内環境を確認した上で、骨を増やす必要があるところに特殊な膜を使ってスペースを作り、その中に人工骨などを入れて再生するまで待ちます。少し時間はかかりますが、骨が新しく再生するため歯肉も綺麗な形になることが期待できます。

サイナスリフト法

サイナスリフトは、患者さんの上顎の骨の厚みや量が足りない時に行います。目の下から鼻の横にかけてある「上顎洞」という空洞を利用して、上顎洞入口にある膜を剥がし、空いたスペースを利用して骨を埋めていきます。この方法は、広範囲で骨の量を増やすことができるというメリットがあります。

ソケットリフト法

ソケットリフトは、サイナスリフトと同じように上顎の骨の厚みや量が少ない時に行う手術です。歯の生えていた部分から少しずつ人工骨を入れ、空いているスペースを埋めていきます。他の方法と比べると治療範囲が狭いため、特にサイナスリフトよりも身体的な負担が少なく、腫れや痛みが出にくいため、患者さんの負担が少ないことが特徴です。

スプリットクレスト法

スプリットクレスト法は、骨の高さには問題ないものの骨の幅が足りない時に行うものです。痩せて細くなってしまった骨に特殊な器具で切り込みを入れ、骨を割らないように気をつけながら少しずつインプラントが入る大きさまで骨を広げていきます。最終的にインプラントと骨の間に人工骨を入れることで補います。この方法で骨造成を行うと、骨の幅が薄くてもインプラント体を入れることができるだけでなく、外科処置の範囲が狭いことか、身体への負担が少ないことが特徴です。

一人でも多くの方が「食べる楽しみ」を

インプラント手術を検討する方の多くは、失った歯を取り戻して食事を楽しんだり見た目を良くしたいと思われることがほとんどなのではないでしょうか。

しかし、インプラントを入れることで口内環境を整えることができれば、虫歯や歯周病を防ぎ健康的な口内環境を手に入れることができます。

時間とコストはかかるものですが、一度は断られてしまった方も諦めずに相談してみましょう。

しばた歯科医院

歯のお悩み・お口のトラブル抱えていませんか?

山口市のしばた歯科医院では患者さんのお悩みやお口の状態に応じて、患者さんに合ったオーダメイドの治療を提供します。
広い駐車場を完備し、8台止めれるのでとても通いやすい歯科医院です。

■住所
〒753-0081 
山口県山口市香山町6-24 

■TEL
083-902-5605

■オフィシャルサイト
https://shibata-oral.com/

■インプラント専門サイト
https://implant.shibata-oral.com/

前へ 一覧ページに戻る
pagetop

マウスピース矯正専門サイト

親知らず専門サイト

インプラント専門サイト

採用専門サイト

0839025605 WEB予約 instagram page top

0839025605

WEB予約

instagram